kintoneのAPIで解決

kintone API でこんな事が出来たらいいな。を集めて見ました。kintoneは、ノンプログラミングでビジネスアプリを作れますが、少々歯がゆい所もあります。でもご安心を!APIで解決できます。

【kintoneのAPIで解決】

kintoneで見積書PDF作成からメール送信まで【No.010】

【kintoneで見積書PDF作成からメール送信まで】 kintone JavaScript kintone REST API

エクセルの見積書作成から解放されました!

kintone画面上で完結する見積書作成業務がここにあります。kintone見積書PDF作成からメールURL発行

なんと、たったの3ステップ。

 

1.kintone画面で、取引先を選ぶ
2.kintone画面で、見積明細入れて、PDF作成のボタンを押す
3.kintone画面で、ダウンロードURL発行のボタンを押す

 

あとは、URLを電子メールに貼り付けて、送信するだけ。

 

もちろん、数量、単価から合計金額や消費税も自動計算されます。

商品マスタから単価をもってくれば簡単です。

メール先のお客様が、URLから見積書PDFがダウンロードされるとkintoneでプッシュ通知されます。

納品書や請求書もOKです。

すべて、kintone画面上で完結してますので、iPadでも見積書PDFの送付ができます。

見積書の作成が楽しくなりますよ。
じゃんじゃん、見積しちゃいましょう!

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneで在庫管理ができるようになった【No.009】

【kintoneで在庫管理ができるようになった】 kintone JavaScript kintone REST API

 

2014年4月のkintoneバージョンアップで、Webサイトで展開するネットショップと連携した在庫引当ができるようになりました。

ネットショップ(ECサイト)からkintoneの在庫情報と連携し、在庫引当が可能になるのです。

今までは、API経由でネットショップの在庫引当を実現すると・・・

  • AさんとBさんが同じ「黒ボールペン」をネットで購入しようとしています。
  • Aさんは1本を注文。Bさんは3本を注文。在庫は10本だとします。
  • Webサイトのプログラムでは、kintone在庫アプリデータの黒ボールペンの在庫数を取得し、在庫数から注文数を引いて、黒ボールペンの在庫数フィールドを上書きします。
  • AさんとBさんが同時に注文ボタンを押したとします。
  • Aさんのプログラムは在庫数を9本で上書きし、Bさんのプログラムは在庫数を7本で上書きします。
  • この場合、kintone在庫アプリへのデータ更新は後勝ちになりますので、在庫数が9本または7本のどちらかになります。これは、データレコードへの排他制御を行っていないためです。

正しくは、在庫数は6本ですね。

kintoneで在庫管理

 

今回のアップデートでは、APIを使ったkintoneアプリのデータレコードへの排他制御を実現するために、リビジョン管理機能がサポートされました。
さらに、2フェーズコミットを実現する「複数アプリへのレコード一括で処理する機能」もサポートされ、本格的なトランザクション処理が可能となりました。
例えば、在庫アプリの更新と同時に、受注アプリにレコード追加する処理の整合性を保証できることになります。

これはもう、ORACLEやSQL-Serverと同等なトランザクション処理系のシステム構築が可能となったと言えます。

ネット通販、在庫管理、チケット販売、ホテル予約などトランザクション系システムをフレンドリーなビジネスファストアプリkintone基盤を利用して構築することが可能になります。

 

kintone在庫管理とクラウド会計freeeのコラム

kintone在庫管理とクラウド会計freeeのコラムはこちらです。

 

kintone在庫管理アプリテンプレート発売予定

在庫管理の簡易機能を2アプリで実現したテンプレートです。

主な機能:

  1. 在庫引当て
  2. 出荷予定リスト
  3. 引当て済みからの出荷
  4. 初期在庫設定
  5. 入荷(仕入) ※予定仕入れは未対応
  6. 引当て可能在庫数と現在庫数
  7. 月末在庫と評価額 ※移動平均法

在庫管理kintoneアプリテンプレートに関するお問合せはこちらです。

 

バーコードでPi! バーコードでPi!(kintoneアプリストア掲載中)

バーコードスキャナのボタン一発で、読み取りデータをアプリに登録できます。在庫管理や生産管理の業務分野で利用可能です。また、固体番号でのトレーサビリティの実現が可能です。POSレジへ応用もできます。

詳しくは、こちらです。

 

kintoneバーコードでPi!

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneアプリとWeb問合せフォームを連携したい【No.008】

【kintoneアプリとWeb問合せフォームを連携したい】 kintone JavaScript kintone REST API

 

自社ホームページのWeb問合せフォームでお客様が入力された情報を、サイボウズ社kintoneアプリに自動連携したいというニーズがあります。

 

ニーズ・課題

  1. 自社Webページの問合せフォームで入力された顧客情報をkintoneアプリに自動登録したい。
  2. 問合せフォームに入力された情報を複数の担当メンバーで共有したい。
  3. 問合せフォームに入力された会社名や連絡先を見込み顧客リストに簡単にコピーしたい。
  4. イベントやセミナーの開催毎にkintoneアプリを作成するように、参加登録Webフォームを作りたい。
  5. 他社サービスのWebフォームサービスを使っているので、自社ドメインが使えない。
  6. WebフォームのページがSSLなのに、入力された顧客情報がメールの平文で飛んで来る。

解決策のご提案

kintoneのAPIを使って、kintoneアプリに連動するWeb問合せフォームページを作りましょう。

 

【ここがポイント!】

Web問合せフォームのみならず、イベントなどのセミナー参加登録のエントリーフォームにも活用したいですよね。

kintoneアプリに設定した項目が、そのままWeb入力フォームの項目としてページを自動生成できます。

 

問合せのみならず、セミナーベントの開催毎に、申込みエントリーページを作成できるようになります。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneアプリの課題管理表を共有したい【No.007】

【kintoneアプリの課題管理表を社外と共有したい】 kintone JavaScript kintone REST API

 

kintoneアプリの課題管理表を社外の関係者と共有したいというニーズがあります。

 

ニーズ

  1. 最新の課題管理表をWebサイトを通じて、関係者と共有したい。
  2. メールで課題管理表ファイルを送信する手間を省きたい。
  3. kintoneへのログインユーザIDを持っていない人にも、参照させたい。
  4. 課題管理表は、WebサイトのURLを知っているだけに公開したい。もちろん、セキュリティの確保は必要。

解決策のご提案

kintoneのREST APIを使ってWebサイトと連携して、課題管理表の共有サイトを作りましょう。

kintoneの課題管理表アプリに保存されているレコードを、API経由でWebサイトに連携し、課題管理表をサイトに掲載する仕掛けです。ただし、このWebサイトを参照できる人を限定する必要があります。

 

【ここがポイント!】

Webサイトへのログイン/パスワードを管理する方法では、管理が煩雑になります。そこで、URLにハッシュコードを使ったアクセス制限を施すことで、参照できる人を限定することができます。

 

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneに保存したファイルをそのままメール送信したい【No.005】

【保存ファイルをそのままメール送信したい】 kintone JavaScript kintone REST API

 

ファイル管理アプリに保存したファイルを社外のお客様や取引先に送付したい場合、そのファイルをローカルフォルダにダウンロード保存して、メール添付する必要があります。複数ファイルの場合、ファイル毎にダウンロードして保存する手間があります。ローカルフォルダに保存されたファイルを消し忘れたりする危険性もあります。

kintoneアプリ内に保存添付されているファイルを、安全にかつ、セキュアな方法で、送信したいというニーズがあります。

 

kintone API で解決しよう No.005

ニーズ

  1. アプリに保存添付したファイルをそのまま、社外に送信したい。
  2. 特定の人しか見れないようにしたい。
  3. ログインIDやパスワードの払い出しが面倒だ。

 

解決策のご提案

kintoneのAPI、JavaScriptを使った、弊社ソリューション「悠々ファイル uuFILE for kinotne」をお勧めします。

 

uuFILE for kintoneサイボウズ社 kintone アプリストアに掲載中!

 

【ここがポイント!】

ファイルをダウンロードするためのセキュアURLを、レコード単位に自動生成します。そのセキュアURLのテキストをメール本文に貼り付けて送信することができます。

しかも、メール添付の最大サイズを気にする必要もありません。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneで専用ログインで情報公開したい【No.004】

【専用ログインで情報公開したい】 kintone REST API

 

ゲストスペースを作成することにより、メールアドレスでの認証と共有スペースが可能ですが、そのゲストスペースに参加している人みんなが、誰が参加しているか横並びで見えてしまう。

ユーザIDとパスワードを払い出して、その人だけに、特定のレコード情報を公開したいというニーズがあります。

 

ニーズ

  1. ログインにより、専用ページを作りたい。
  2. その人だけに、写真やコメント情報を見せたい。
  3. ログイン情報の1レコードを作成するだけで、設定を完了させたい。
  4. ログインに期限を設けたい。

 

解決策のご提案

kintoneのAPIを使った、弊社ソリューション「ステップサイト」をお勧めします。

 

【ここがポイント!】

ゲストスペースによる管理は不要。アカウントIDとパスワードをアプリのレコードとして作成するだけで実現可能です。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneで投票アンケートをしたい【No.003】

【投票アンケートをしたい】 kintone REST API

 

例えば、「りんご」「みかん」「ぶどう」のどれが一番好き?という情報を、ユーザあるいは、ゲストスペース参加者の意見を集めたい。誰が、どこに1票を入れたかも一覧で見れると良い。飲み会の日程調整に使いたいというニーズもある。

 

ニーズ

  1. 投票者1人が1レコードになる
  2. 何回でも更新できる。
  3. 締切期限を設定できる。

 

解決策のご提案

kintoneのAPIを使って、投票結果をアプリの取り込む機能を作りましよう。

投票アンケート項目をAPIで取得して、Webページでアンケートを作成します。回答結果をAPIを通じて、アプリに取り込みます。

 

【ここがポイント!】

投票者を認証する必要があります。【専用ログインで情報公開したい】を参考にしてください。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneで1写真1レコードの一括アップロードしたい【No.002】

【1写真1レコードで、一括アップロードしたい】 kintone JavaScript kintone REST API

 

1レコードに複数ファイルを一括添付することは出来ます。でも、1写真ファイルを1レコードで一括アップロードすることはできません。ひとつのファイル毎に、コメントを付けて保存したいとうニーズがあります。

 

ニーズ

  1. 写真ファイルやPDFファイルを一括アップロードしたい。
  2. アプリのレコードにそれぞれ、1ファイルで一括登録したい。

 

解決策のご提案

kintoneのAPIを使って、一括アップロード機能を作りましよう。

一括アップロード機能により、API経由で、ファイル毎に、アプリにレコードを新規作成しファイル添付します。

 

【ここがポイント!】

ファイルを1レコードに登録することは、難しくありません。しかし、自動生成するレコードの自動採番について、事前に検討する必要があります。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintoneのAPIで解決】

kintoneでアプリとアプリのレコードを一度に見たい【No.001】

【アプリとアプリのレコードを一度に見たい】 kintone JavaScript kintone REST API

 

例えば、ワークスペースA(部門A)にインストールしたFAQアプリ(問い合わせ管理)と、ワークスペースB(部門B)にインストールしたFAQアプリにそれぞれ登録されたレコードを、全部門として一度に見たいというニーズがあります。

 

ニーズ

  1. アプリAとアプリBに登録されたレコードを、アプリC自動登録する。
  2. しかも、アプリAのレコードが更新されたら、アプリCでも更新されている。

 

解決策のご提案

kintoneのAPIを使って、クラウド上にバッチ処理を作りましょう。

アプリAとアプリBのレコードをアプリCに、自動連携します。

 

【ここがポイント!】

一番難しいのが、アプリAとアプリBのレコードに連番が付与されている場合、重複することになります。これを回避することが必要です。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援