バーコードでPi! kintoneプラグイン

あの「バーコードでPi!」がkintoneプラグインとして
再登場します。

しかも、カメラ読取り機能(*1)が標準で付きます。

もちろん、USBやBluetoothで接続した
バーコードリーダーにも対応します。

*1:対応するスマートフォンとブラウザは、AndrodiのChromeと、Androdiのkintoneモバイルアプリです。バーコード(JAN/EAN/UPC/CODE39/ITFなど)およびQRコードの読取りに対応します。(2020年12月現在)

主な機能(予定)

kintoneアプリに1レコードを自動作成

バーコード読取りで、kintoneアプリに1レコードを自動作成し、かつ、個体番号マスタ等のステータスを更新できます。
 また、複数のバーコード値を読取り可能になります。商品コード、ライン番号、ロット番号など、予め決めたバーコード値をそれぞれ読取り、最後のロット番号の読取りで、kintoneアプリに反映が可能になります。
 数量や色指定など任意のフィールドへの入力も可能です。

kintoneアプリのレコードを検索表示

バーコード読取りで、kintoneアプリのレコードを検索し結果を表示します。検索結果の見やすさにもこだわります。

フィールドにバーコード読取り結果を入力

kintone編集画面の指定したフィールドに、バーコード読取り結果を入力します。弊社の在庫10の入庫伝票や、既存アプリへの導入が可能になります。

「バーコードでPi!」来春リニューアル

2021年春(予定)