販売・請求管理の
「販売9」「販売9+」kintoneアプリ

2つの選択肢をご用意しました。

「販売9」無料版

kintone販売管理アプリ「販売9」無料版
無料版「販売9」アプリに蓄積したレコード(データ)をそのままに、
「販売9+」へ移行できませんのでご留意ください。
「販売9」を本格運用される場合には、有料版「販売9+」のご利用をお勧め致します。

「販売9+」有償版

kintone販売管理アプリ「販売9+」

「販売9+」プラグイン設定機能の詳細は上記の画像をクリックしてください。

0円(*1)からの販売・請求管理kintoneアプリ

システム導入に、もう迷わない。販売・請求管理のkintone業務アプリです。
基本業務ロジックを組み込んだパッケージだから、そのまま利用できます。
もちろん、kintoneだから自分でフィールド追加もできます。

しかも、無料版の「販売9」は、
0円(*1)のまま業務アプリを使い続けることができます。

*1:別途、kintone利用料が必要です。

「販売9」「販売9+」の基本機能

販売管理に必要な基本機能をJavaScriptで実装しております。まずは使って、お試しください。

案件管理

見込み・見積・粗利・受注残・発注残

受注管理

納期管理・納品・担当者・キャンセル
分納・赤伝・コピー

請求管理

請求期間・受注明細集計・取引先毎の
締め日および振込期日を自動算出等

発注管理

納期管理・仕入検収・キャンセル
分納・赤伝・コピー

取引先台帳

締め日設定・振込期日設定等
国税庁が提供する「法人番号システム Web-API」連携による法人番号・住所・郵便番号の取込が可能

仕入先台帳

支払期日設定等
国税庁が提供する「法人番号システム Web-API」連携による法人番号・住所・郵便番号の取込が可能

販売商品マスタ

販売単価・品目・勘定科目・税区分等
※案件アプリの受注明細行のルックアップコピーで編集が可能

仕入商品マスタ

仕入単価・仕入先指定・品目・勘定科目・税区分等
※案件アプリの仕入明細行のルックアップコピーで編集が可能

「販売9」「販売9+」アプリ構成図

「販売9」「販売9+」は、プロジェクト型(個別受注)の販売管理アプリです。

会計、決済、電子契約などのクラウドサービスと連携可能

kintoneを中心したオールクラウド基幹業務システム図

「販売9」無料版と「販売9+」有償版の違い

販売9 販売9+(プラス)
費用
※kintoneスタンダードコース利用料が別途必要。
ずーっと無料 月額費用:18,000円
ライセンス登録料:50,000円
kintone標準機能によるカスタマイズ(お客様作業)
※各アプリへのフィールド追加等。
アプリ間の連携項目カスタマイズ機能(お客様作業)
※プラグインで設定可能。詳細はこちらをご覧ください。
×
オンラインアップデート
※JavaScriptおよびプラグインを自動更新。
×
対面開発(オンライン)
※kintone標準機能によるオンライン対面開発。
×
オプション価格表
JavaScriptによる追加開発
※請求レコードの一括作成機能等。
×
オプション価格表

よくあるご質問・FAQ

  • 見積書や請求書のPDFは作成できますか?
    PDF作成プラグイン等を別途ご用意ください。
  • 案件番号は自動採番ですか、手入力ですか?

    レコード番号が案件番号になります。
    自社に合わせた採番ルールをご希望の場合には、自動採番プラグイン等をご利用ください。

  • 案件の明細欄で販売商品マスタをルックアップしてますが、単価等は手補正できますか?

    手補正できます。
    JavaScriptによるカスタマイズにて実現しております。

  • 一覧でのキーワード検索や集計機能はありますか?

    検索機能についてはkintone標準機能をご利用ください。
    また、検索プラグインや集計プラグインもご提供できますので、お問合せください。

  • 複数数量で受注した場合に、部分請求は可能でしょうか?

    可能です。
    受注明細レコードをコピーし、コピー元の明細およびコピーした明細のそれぞれの数量を
    手補正することで対応が可能です。その後、分割した明細を請求に取り込んでください。
    ※発注側についても、同様に部分発注が可能です。

  • 消費税計算および税率変更に対応してますか?

    対応しております。
    消費税は、端数切捨てで計算しております。kintone標準の自動計算関数で算出しておりますので、
    業務に合わせて修正してご利用頂けます。

  • 社内レートによる外貨計算は可能ですか?

    個別御見積にて対応しております。
    お気軽にお問合せください。

  • 卸業のように、仕入商品をそのまま販売(受注)する場合、受注明細から発注明細を自動作成できますか?

    個別御見積にて対応しております。
    案件アプリにて見積明細(サブテーブル)に入力し、受注日を入力後にレコード保存するタイミングで、受注明細レコードと発注明細レコードを同時に作成する機能をご提供しております。
    お気軽にお問合せください。

  • kintoneモバイルアプリで動作しますか?

    動作しません。
    パソコンまたはタブレットのChromeブラウザにてご利用ください。

  • kintoneライトコースで動きますか?

    動作しません。
    JavaScriptによる機能拡張を行っているため、kintoneスタンダードコースのご契約が必要です。

  • kintoneゲストスペースで利用できますか?

    申し訳ございませんが、利用できません。

  • 保守やサポートサービスはありますか?

    「販売9+」有償版をご契約の場合に、ご提供しております。
    ご要望に応じて、個別御見積させて頂きます。
    お気軽にお問合せください。

  • なぜ、0円でkintone業務アプリを提供できるのですか?

    システム0シリーズのコンセプトは、「まずは使って試して頂く」ことです。
    サイボウズkintoneが自社の業務システムとして利用できることをまずは、体験して頂きたいのです。
    もし、「販売9」アプリをもっと自社に合わせた業務システムにカスタマイズする場合には、有償版の「販売9+」をお試し下さい。

「販売9」「販売9+」の使い方動画

「販売9」使い方動画

「販売9」「販売9+」リリースノート

バージョン リリース日 改善・修正 内容
「販売9」 「販売9+」
Ver6.2 2021年 4月6日 ・【機能改善】請求9プラグイン「明細項目紐づけ」にて、受注明細アプリ側の計算フィールドを数値フィールドに紐づけを可能とした。 ・【機能改善】発注9プラグイン「明細項目紐づけ」にて、発注明細アプリ側の計算フィールドを数値フィールドに紐づけを可能とした。
Ver6.2 2021年 4月4日 ・【機能改善】発注明細アプリにて、検収日に応じた「締め日」を自動計算する機能を追加。  詳細はこちらをご覧ください。
Ver6 2020年 9月16日 ・【kintone機能拡張対応】消費税額計算のJavaScript処理をkintone自動計算(ROUNDDOWN、IF関数)に変更 (切り上げ等への変更も可能になりました。) ・【機能改善】受注明細アプリに「検収日」を追加し、請求アプリにて受注明細を取得する際の絞込み条件を検収日に変更 (納品日は、有償オプションの納品アプリにて受注明細を取得する絞込み条件に利用します。) ・【機能追加】取引台帳アプリおよび仕入先台帳アプリの「郵便番号」フィールドにて、ハイフンを自動挿入する機能を追加 ・【機能追加】freee株式会社が提供する「freee for kintone」対応のフィールドを追加 ・【機能追加】MoneyForwardクラウド請求書(MF請求書)との連携に必要なフィールドを追加 (MFクラウド請求書への連携には、zapier連携等の有償対応が必要です。) ・【機能追加】MF KESSAI へのCSV出力連携(取引先、取引)を追加、および受注明細アプリにてCSV出力済み(請求済み)の一括更新機能を追加
Ver5 2019年 8月20日 ・【税区分追加】freee税区分への消費税10%および軽減税率8%の追加 ・【API拡張対応】受注明細レコードおよび発注明細レコードのコピー時のルックアップクリアへの対応(kintone API拡張による対応) ・【機能追加】案件アプリの一括更新後に元の画面に戻る機能を追加 ・【修正】¥マークを削除(案件アプリ、商談アプリ)
Ver4 2019年 5月30日 ・【機能改善】法人番号検索機能のサポート。 ・【機能改善】受注明細および発注明細のコピー、分納、赤伝 対応。 ・【機能改善】後払、前払のケース毎に勘定科目を商品マスタで設定可能。 ・その他、不具合修正。
Ver3 2018年 12月25日 ・kintoneサブスクリプション継続請求管理アプリ(有償版)を分岐リリース
Ver2 2018年 11月2日 ・【機能改善】商談アプリを追加。 ・【機能改善】案件レコードを作成せずに、受注明細(売上)を登録できるように改善。CSVアップロードに対応。 ・【機能改善】案件レコードのコピー対応。 ・【不具合修正】請求アプリにて締め日が「末日」の場合に、受注明細の取込指定「納品日1」の算出が正しくないケースを修正。
Ver1 2018年 4月26日 ・Ver1 新規リリース