kintoneアプリ作成開発支援サービス


kintoneアプリ作成・開発をサイボウズ公認パートナーがお手伝いします。

今お使いのエクセル(Excel)をもとにデータ設計を行いますので要件定義が不要です。

弊社は「CYBOZU AWARD 2015」にて特別賞を受賞しました。

 

kintoneアプリ作成をお手伝いしております。

はじめて自社にkintoneを導入して運用するには、少々不安もあります。

アプリを作成・開発して運用開始し、社員全員が使い始めると、アプリの変更には神経を使います。

もちろん、kintoneですのでアプリの設定変更は容易ですが、すでに使用を開始した社員全員への変更連絡などを考えると、十分に検討評価した後に、アプリの運用を開始したいものです。

弊社では、様々な業種の企業様からご依頼を頂き、kintoneアプリ作成を行わせて頂いております。その経験を活かし、kintoneアプリの作成でお困りの方にkintoneアプリ作成支援サービスをご提供しております。

「よくあるkintoneアプリ作成・開発での悩み事」

  • エクセルからアプリを作成したけど、そのあと何するの?
  • 商品マスタとの紐づけは、ルックアップで良いのか。
  • タスク割り当てや承認フローはどうするのか。
  • 担当者と上司にアラート通知するには?
  • 特定項目の表示/非表示はどう設定するのか。
  • 組織、役職、グループの設定方法は?

 

kintoneアプリ作成・開発支援(お見積)のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援

 

kintoneアプリ作成・開発支援サービスの流れ

今まで弊社にて支援させて頂いたおおよそのケースです。お客様の状況により、対応させて頂きます。

kintoneアプリ作成支援の流れ

 

kintoneアプリ作成・開発事例

弊社にて支援させて頂いた主なアプリ作成開発事例をご紹介致します。

営業支援(SFA)
営業日報や月報を廃止し、今現場で起きている事実をリアルタイムに共有することで、営業チームの活動を最適化します。

ホームページ問合せフォームアプリ
店舗ホームページの問合せフォームに寄せられた、要望事項や苦情をkintoneアプリに取り込んで、店舗スタッフと店長が一丸となって、お客様対応できるkintoneアプリです。

施設予約アプリ
ある地域で分散された体験施設の予約を管理するアプリです。施設管理棟にて予約を受け付けて、各体験施設に空き枠を確認し、申込者へ返答する業務を、このアプリで一元管理できるようになりました。

売上集計アプリ
数千種類もある商品がどの店舗で、いくらで販売されたのかを売上集計し、かつ、販売手数料計算も行うアプリです。なんと、1アプリで実現しているもの特徴です。

 

そもそも、どのクラウドサービスを選ぶべきか?お悩みの方必見

kintone

営業支援、顧客管理、請求書発行、売上管理、ファイル保存など、様々な企業からクラウドサービスが提供されています。それにも関わらず、なぜか、中小企業へのクラウドサービスの導入が進んでいないのが現状です。

  • 中小企業の経営者が、クラウドサービスの良さを理解していないのでしょうか?
  • クラウドサービスを提供するITベンダーの提供方法に問題があるのでしょうか?

 

クラウドサービス導入の「真の課題」は何か?

弊社が中小企業向けに提供しているコンサルティングサービスにおいて、クライアント企業から良く聞く声があります。

  1. どのクラウドサービスを使えば良いか。
  2. 組み合わせて利用できるのか。
  3. 選ぶ知識がない。

 

営業日報、ファイル共用、名刺管理など、それぞれ得意とするITベンダーからクラウドサービスが提供されてます。中小企業の経営者は、これらのクラウドサービスを自社の業務に合わせて選択して、導入することが必要になります。

しかしながら、多くのクラウドサービスを比較検討し、選択し、さらに、クラウドサービスの連携を実現したりと、並大抵のことではありません。

クラウドサービスの有用性も理解し、自社に導入したいと考えている経営者にとって、クラウドサービスの選択と連携が一番の障壁になっていると言っても過言ではないようです。

 

kintoneがエンタープライズプラットフォーム(企業IT基盤)となる日は近い

サイボウズ社のkintoneをご存じでしょうか?

kintoneは、プログラミング無しでビジネスアプリとデータベースをクラウド上に構築できる素晴らしいITプラットフォームサービスです。

つまり、Webの入力画面に、必要な項目「会社名」「担当者名」「住所」などを、ドラックアンドドロップで作成すると顧客管理アプリを作成できます。あとは、顧客データを入力していくだけです。とても簡単。しかも、社員みんなで、顧客管理アプリを利用することができます。社内パソコンでも、タブレットでも、スマホでも利用できるのです。

営業日報を作りたければ、サイボウズ社のアプリストアから営業日報アプリを無料ダウンロードもできます。これは便利です。

その企業の業務に必要なアプリを自分で簡単に作ることができます。例えば、いま使っているエクセルに蓄積しているデータも、そのまま、kintoneのアプリに変換することができるのです。

 

つまり、社内で使っているエクセルデータのすべてをサイボウズ社kintoneに入れて、利用することも可能なのです。kintoneがエンタープライズITプラットフォーム(企業IT基盤)となる日も近いですね。

kintoneアプリ作成・開発支援(お見積)のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援

 

kintoneアプリ作成・開発のポイント

kintoneアプリは簡単に作成・開発することが可能です。しかしながら、kintone複数のアプリで構成する複雑な業務では、アプリの開発にはいくつかのポイントを踏まえて作成することをお勧めします。

例えば、取扱い商品の在庫に対して予約する業務を考えてください。商品マスタ、在庫情報、予約情報の3つのkintoneアプリの作成が必要になると想像つくでしょう。

商品に対して、入荷時の初期在庫をアプリに登録します。そして、予約注文が入れば、予約アプリに予約情報を登録します。さらに、初期在庫から予約数を減算し、現在の在庫数を算出します。

この他、予約情報について、予約確定、商品の引当て、商品の発送なども管理することになります。予約注文に対するプロセス管理が必要になります。

弊社では、豊富なkintoneアプリの作成・開発(kintoneアプリストアへの掲載など)経験から、独自のアプリ開発手法を構築しました。

 

kintoneアプリ開発

 

kintoneアプリ開発の主なポイントは次の通りです。

  1. 業務シナリオの整理(登場人物/組織、シナリオ)
  2. kintoneアプリ構成とデータ項目の整理(入力項目、アプリ構成)
  3. kintoneアプリのプロセス整理(ステータス、アクションと次の人、通知条件)
  4. アクセス権限の整理(登場人物/組織、更新/参照)

 

それぞれのポイントにおいて、弊社独自のドキュメント書式を構築しました。これにより、kintoneアプリ開発をスムーズに行うことが可能となりました。

この4つのポイントをしっかりと整理できれば、kintoneアプリ開発は成功します。

企業のIT基盤が、サイボウズ社kintoneで実現できると言っても良いでしょう。

 

kintoneを企業のIT基盤にお考えの経営者様へ

弊社では、kintoneアプリ作成・開発支援サービスをご提供しております。お気軽にお問合せください。

kintoneアプリ作成・開発支援(お見積)のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援