ワークフローkintoneアプリ導入のメリット

紙の文書からワークフローへ

アナログの社内ワークフローはこんな感じです。

アナログな職印書類に「職印」を押して、
アナログな社内便「社内便」で発送、
アナログな3段トレー受信者の「3段トレー」に置かれる。

 
ちなみに、3段トレーは、机上に置いてありまして1段目は送信、2段目は受信、3段目は処理中で使い分けます。なぜ1段目が送信かというと、庶務担当の人が収集するのに分かり易いからです(諸説あり)。

 

これに対して、【統合型】ワークフローkintoneプラグイン&アプリを導入するとこんな感じです。

kintoneアプリにログインkintoneアプリに「ログイン」
承認ボタン申請フォームアプリの「ボタン」で送信
通知「通知」で受け取り

「職印」は「ログイン」に、
「社内便」は「ボタン」に、
「3段トレー」は「通知」に
変わるのです。

ワークフローkintoneアプリの導入により、
正確化スピード化コスト削減省スペース化
イメージできると思います。

 

ワークフローkintoneアプリの導入メリット

ワークフロー導入のメリットをいくつか挙げます。

  1. 承認の進行状況を把握できる
  2. 処理日時を記録できる
  3. 申請フォームを統一できる(kintoneアプリで自由に作成可能)
  4. ルールで決めた申請経路を適用できる
  5. 承認後に申請内容を修正不可にできる
  6. 出張先でもkintoneモバイルアプリで承認できる

その他にもメリットがたくさんあります。
 

kintoneでワークフローを実現するアプリ&プラグインに戻る。