freee書類登録kintoneプラグイン

概要

請求書、見積書、発注書、領収書をfreeeに登録します。

 

詳細説明

・kintoneの1レコードを1書類としてfreee側に新規登録できます。更新はできません。
・kintoneのレコード詳細画面で1件単位にボタン押下によりfreeeへの登録ができます。また、kintoneレコード一覧画面にて「freee一括登録」ボタンで一括登録も可能です。
・取引先(宛先)は、取引先IDで指定します。あらかじめfreee側に取引先が登録されている必要があります。freee側で登録されている宛名や住所が書類に適用されます。kintone側から宛名や住所、担当者名を指定することも可能です。
・kintoneのサブテーブル行のデータをfreee側の書類明細行(品名等の詳細、数量、単価)として登録できます。
・明細行単位に、取引の勘定科目をID指定できます。品目名、部門名の指定も可能です。
・金額は内/外税を指定することで、消費税をfreee側で算出させることも可能です。

※取引先ID、勘定科目IDは、事前にfreeeからkintoneアプリにレコード取得しておく必要があります。各アプリからルックアップで取得するなどしてください。
品目名、部門名は、freee側のマスターと完全一致させる必要があります。事前にfreeeからkintoneアプリにレコード取得しておく必要があります。各アプリからルックアップで取得するなどしてください。

 

連携項目(※は必須項目)

・書類種別(請求書/見積書/発注書/領収書) ※
・概要
・発行日 ※
・書類番号
・備考
・内/外税 ※
・書類ID(freee側で採番されます。)
・発行ステータス(下書き/発行)

・取引先ID ※
・取引先名(通称)
・取引先正式名称
・取引先郵便番号
・取引先都道府県
・取引先市区町村・番地
・取引先建物名・部屋番号など
・取引先詳細(部署名、担当者名)
・取引先電話番号
・取引先営業担当者名
・取引先営業担当者メールアドレス
・取引先送付方法
・取引先敬称

・売上計上日
・振込期日
・振込先情報

下記のフィールドはサブテーブルを使い、複数明細に対応します。
・数量 ※
・単位
・単位 ※
・詳細(品名等)
・勘定科目ID
・品目名
・部門名
・テキスト行(チェックBOX ONの場合に見出し行になります。)

 

カスタマイズ対応(個別見積)

・決済情報をkintone側のレコードに反映する機能。kintone側で入金消込を行う場合です。