freee取引登録kintoneプラグイン

概要

kintone側からfreeeに取引を新規登録します。

 

詳細説明

・kintoneレコードにて、「発生日」を入力して保存したタイミングで、freee側に取引(収入/支出)を登録します。
・未決済の状態で登録します。
・設定されているデフォルトの税区分で登録します。

※取引先ID、品目ID、部門ID、メモタグIDは、事前にfreeeからkintoneアプリにレコード取得しておく必要があります。各アプリからルックアップで取得するなどしてください。

 

連携項目(※は必須項目)

・収支区分(収入/支出) ※
・発生日 ※
・支払期日
・管理番号
・取引先ID
・freee取引ID(freee側で採番されます。)

下記のフィールドはサブテーブルを使い、複数明細に対応します。
・金額 ※
・勘定科目 ※
・品目ID
・部門ID
・メモタグID
・備考

 

カスタマイズ対応(個別見積)

・kintoneレコード一覧での一括登録機能。
・決済情報をkintone側のレコードに反映する機能。kintone側で入金消込を行う場合です。