freee kintone 入金消込管理

会計freeeの入金情報をkintoneに反映できます。
この機能は、freee連携kintoneプラグインを有償でご利用頂いている場合に、オプションとしてご提供させて頂きます。

freee連携kintoneプラグインについてはこちらをご覧ください。

 

入金消込(入金管理)について

freeeに登録した「取引」に紐づく決済情報をkintoneアプリのレコードに取得します。
決済情報とは、銀行口座での入金や支払、現金取引を言います。

売掛発生(取引)から入金消込までの流れは次の通りです。

 

freeeからkintoneへの入金消込(全体図)

 

  1. 売上データをkintoneに登録します。
  2. 取引登録プラグインで会計freeeに連携します。
  3. 会計freeeに取引が登録されます。この時、売掛金として認識されます。
  4. 銀行口座に振込入金があり、明細に入金が記録されます。
  5. 会計freeeから銀行明細を取込みます。★Step1
  6. 会計freeeにて売掛金に対して入金明細(決済情報)を紐づけます。★Step2
  7. 決済情報の取得機能にて、会計freeeから入金明細をkintone側の売上データに反映させます。★Step3

この最後の「決済情報の取得」機能をfreee連携プラグインのオプションとしてご提供しております。

 

振込入金が行われた後の業務上の作業がStep1からStep3です。主に経理担当者が行います。

  • Step1は、会計freee側で自動または手動で行います。
  • Step2は、会計freee側で自動または手動で行います。ほとんどの場合、手動です。
  • Step3は、夜間バッチで自動化または手動機能のどちらかでご提供が可能です。

したがって、経理担当者が毎日かならずStep2の決済情報の紐づけを手動で行う必要があります。
午後3時以降に、Step1とStep2を行い、Step3はその夜に実行されるイメージです。

 

入金消込のkintone画面サンプル

ご参考までに、kintone側の入金消込の画面サンプルを掲載します。

freee入金消込のkintoneサンプル画面

 

1回の売上について、複数の振込入金が想定されますし、振込手数料を差し引いて入金される場合もありますので、
決済情報は複数行で保持できるようにサブテーブルを利用しております。
freee決済残高が0になれば、入金消込が完了と判断できます。

1回の売上で1の入金になるとは限らず、また、複数の売上について1回の入金になる場合があります。
会計freee側で、決済情報の紐づけを行うことで、解決されます。

入金管理は単純なようで以外と煩雑です。ぜひ、自動化で業務の効率化を行って頂ければと思います。

 

入金消込を自動化するためには

入金消込の連携については、下記の条件を整える必要があります。

1.取得できる条件
・freee取引登録プラグインで、kintone側からfreeeに取引を登録した際のfreeeで管理されている取引ID(deal.id)をkintoneレコードに保持していること。
・取引IDのkintoneフィールド設定にて、「値の重複を禁止する」にチェックが入っていること。

2.取得できる決済情報
・決済日付、決済金額、決済口座名(freeeに設定されている口座名です。)
・決済残高

3.利用サービス
以下の環境が必要です。
・freee連携kintoneプラグイン
・zapier (時刻起動バッチ処理を行う場合)

 

お問合せはこちらです。

お問合せフォーム