freeeマスター取得kintoneプラグイン

概要

freee側に登録されている勘定科目、品目、部門の一覧をkintone側に取得します。

 

詳細説明

・freee側に登録されてるデータをkintoneアプリに取得します。kintone側から登録、更新することはできません。
・kintone側で、勘定科目マスターアプリ、品目マスターアプリ、部門マスターアプリを作成し、それぞれにプラグインを設定してください。
・kintoneレコード一覧画面の「一括取得する」ボタンを押下することで、freeeからマスターデータを一括取得します。すでに、kintoneに取込済みの場合は、freee側の値で上書きされます。更新キーは、IDです。

 

連携項目

・名称
・ショートカット1
・ショートカット2
・ID(freee側で採番されます。)

 

制限事項

プラグインを設定したアプリに「必須項目にする」を指定したフィールドが存在する場合は、正しく動作しません。