月別アーカイブ: 2014年3月

【kintoneのAPIで解決】

kintoneアプリとWeb問合せフォームを連携したい【No.008】

【kintoneアプリとWeb問合せフォームを連携したい】 kintone JavaScript kintone REST API

 

自社ホームページのWeb問合せフォームでお客様が入力された情報を、サイボウズ社kintoneアプリに自動連携したいというニーズがあります。

 

ニーズ・課題

  1. 自社Webページの問合せフォームで入力された顧客情報をkintoneアプリに自動登録したい。
  2. 問合せフォームに入力された情報を複数の担当メンバーで共有したい。
  3. 問合せフォームに入力された会社名や連絡先を見込み顧客リストに簡単にコピーしたい。
  4. イベントやセミナーの開催毎にkintoneアプリを作成するように、参加登録Webフォームを作りたい。
  5. 他社サービスのWebフォームサービスを使っているので、自社ドメインが使えない。
  6. WebフォームのページがSSLなのに、入力された顧客情報がメールの平文で飛んで来る。

解決策のご提案

kintoneのAPIを使って、kintoneアプリに連動するWeb問合せフォームページを作りましょう。

 

【ここがポイント!】

Web問合せフォームのみならず、イベントなどのセミナー参加登録のエントリーフォームにも活用したいですよね。

kintoneアプリに設定した項目が、そのままWeb入力フォームの項目としてページを自動生成できます。

 

問合せのみならず、セミナーベントの開催毎に、申込みエントリーページを作成できるようになります。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintone JavaScript&REST APIの使い方ブログ】

【kintone使い方ヒント】通知設定したけど、メールが飛ばない!

こんにちは。ITFitのtkkrです。
今回はkintoneアプリの通知設定したけど、メールが飛ばない!という話題です。
先日、或るお客様と、「kintoneでメール通知する機能を使いたいのだけど使えていない。」と言う話になりました。
アプリ側での設定はしているようだったのですが、、、
ということで、設定のお話です。

メールで通知させるために、設定すべきところは4ヶ所あります。
(1) システムの設定
右上の歯車マーク→「kintoneシステム管理」→「その他」「利用する機能の選択」
ブログ_通知説明_システム・その他の設定01

(2) 個人のプロフィールのメールアドレス(E-mailの項)
右上の歯車マーク→「アカウント設定」→「プロフィールの変更」

(3) 個人の設定
右上の歯車マーク→「kintoneの操作と設定」→「個人設定」

ブログ_通知説明_個人の設定01

(4) アプリの設定
アプリの中の歯車マーク(その他の操作)→「このアプリの管理」→「通知の設定」

ブログ_通知説明_アプリの設定01
他には、「レコードの条件通知」もありますので、適宜、使い分けてください。

上記を設定すると、メールでの通知が飛びます。
多分、(1)と(2)と(4)の設定はなされていると思いますが、(3)の設定が抜けていることが多いのではないでしょうか?

皆様の業務にお役立ち致しましたでしょうか?

では、また。
 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援
【kintone JavaScript&REST APIの使い方ブログ】

【kintone使い方ヒント】保存前に重複チェックをしたい!

こんにちは。ITFitのtkkrです。
今回は保存前に重複チェックをしたい!という話題です。
kintoneの設定画面で「値の重複を禁止する」を選択しているフィールドの重複チェックは通常、
保存アイコンをクリックした時に実施されます。
ところが、kintoneの画面で必須入力のフィールドなど保存する前に入力しなければならない項目を苦労して入れたのに、
保存の時にエラーが出ると悔しいですよね。
(折角入れたのにぃーって。)
そこで、JavaScriptにより、「保存前に重複チェックを行う」カスタマイズを行いました。
以下が実現イメージです。

 

ブログネタ20140302

 

実現方法として、JavaScriptによるカスタマイズで以下のような実装をしました。
・’app.record.create.show’や’app.record.edit.show’などの時に、
・チェックを行うボタンを配置、
・クリック時に自分自身のアプリに対し、REST APIを用いて検索、
・重複するレコードが存在するかを判断し、
・存在すれば「重複あり」、存在しなければ「重複なし」を表示する。
(ただし、更新時には更新しているレコードそのものの扱いをお忘れなく。)
以上のような流れで「保存前に重複チェックを行う」を実現しました。

 

皆様の業務に使えますでしょうか?

 

では。また。

 

kintoneアプリ作成・開発支援のお申込みフォーム
kintoneアプリ作成支援