09pオールクラウド®化への取り組み状況


スライド9

ページ9/17

当社の業務で、実際に利用している主要な情報項目です。

 

情報項目を決めるためには、業務イベントの流れをシミュレーションしてみると良いでしょう。

 

特に注意を払って頂きたいのは、「自動採番」の項目です。

 

当社では、取引番号、注文番号、アダプタのシリアル番号の3つの項目を自動採番することにしました。これらの自動採番項目は、見積書や注文書、アダプタに添付するシールに記載しますので、重要な項目となります。

 

情報の図式化において、慎重に検討したいものです。

 

また、情報の「ステータス」項目についても、うまく設定することが重要です。

取引ステータスでは、当社のお客様とのやり取りを記録するために設定を工夫しております。

 

ここまで、情報とその項目が整理できれば、あとは、Salesforceに設定するだけです。